Psersonal record of experiences

BLOG

2014.4.3

歯列矯正。

ある、光。

歯列矯正を始めた。
わたしは顎関節症だったので、歯につける装置プラス 口にマウスピースのようなものをはめて生活している。
正直、とてもツライ。
想像以上のツラさに絶句している…。

さて、話は変わって。

今日、夫の前職の後輩と食事をした。
とても楽しかった。
夫と出会う前の彼を知っている人と話すのはとても楽しい。
当たり前のように隣にいてくれるこの人は、とても奥が深いのだ。
と、改めて尊敬した。

何事においても〝自分が一番知っている〟という思い込みは
いつ、どんな時だって捨てたい。
上手く言えないけど、いまのこの気持ちはとても大事だと思う。

いつだって新鮮な気持ちでいること。
そして、ありふれた ありきたりな毎日が
いつか誰かの心の琴線に触れる日がくるということを深く思い知る一日だった。

そんな感想を思いながら、わたしは装置で固められた歯を舌で撫でた。
わたしの歯は、いま約30年かけて覚えた噛み合わせを忘れようとしている。
ゼロに戻ること。

「何事においても〝自分が一番知っている〟という思い込みは
いつ、どんな時だって捨てたい。」

マウスピースで固められた口内に想いを巡らせながらもう一度この言葉を頭の中で繰り返すのだった。

000016-1024x691

CLOSE
Instagram