Psersonal record of experiences

BLOG

2015.9.26

「背中の景色」オープニングライブ

ある、光。

展示初日の29日、古川麦さんによるオープニングライブが開催されます。
時間は19時30分から。投げ銭形式のライブです。

麦さんの音楽に出会ったのは、妊娠中のこと。
こどもの名前を「麦(むぎ)」と決めてから、友人から「読み方は違うんだけど、麦さんっていうアーティストがいたよ!すごく素敵だよ!」と、オススメされたのがきっかけでした。
つわりでベッドから動けない時にも、北海道への新婚旅行でも、まだ見ぬ息子の顔を想像しながら刺繍をする時間にも。
わたしの妊婦生活は麦さんの音楽と共にありました。

お産の前にライブに行きたい!と思い、ライブの予約をしたのですが。
なんとライブ前日に産気づいてしまって、結局行けずじまいだった麦さんのライブ。
まさかこんな形でお会いできるなんて。
わたしの作品の中で音を奏でる麦さんを想像しただけでグっとくるものがあります。
そして、お腹の中にいた息子はどんな顔で聴くのだろう。
あぁ、うれしくて涙がでちゃう。

本当におすすめです!
お仕事帰りに駒込でライブ、とかすごくいいですよ!

http://www.geocities.jp/bakufurukawa/soundvideo.html

古川 麦(Baku Furukawa)

カルフォルニア生まれ。音楽家。

幼少期より様々な土地を巡り、多様な文化に触れる。その経験から、ジャズ・クラシック・ポップス・南米音楽や民族音楽などの要素を渡り歩く独特なスタイルの音楽を紡ぎ出し、老若男女国籍問わず絶賛を浴びる。ソロ以外にも表現(Hyogen)、Doppelzimmer、cero、あだち麗三郎クワルテッットなど、多数のグループに参加。 2014年10月初のソロアルバム”far/close”発売。2015年10月には二度目となる台湾ツアーを予定。

CLOSE
Instagram