Psersonal record of experiences

BLOG

2016.7.16

美しい獣。

ある、光。

『幸せになることが人生のすべて(または目的)ではない。人生は違う何かだよ』

という言葉を教えてもらったのは今年の春のことだった。
「なるほどなぁ。」とは思ったものの、いまになって その言葉がやたら沁みている。

本当に大事なことや、本当に伝えたいことが言葉にできない。
逆に言えば“言葉”という枠に入りきらない気持ちを覚えたのだろう。
言葉にしようとすると涙が出そうになるから。
バレないようにカメラで顔を隠してシャッターを切っていたことに気付いたのは最近だ。

日々、いろんな気持ちを知る。
うれしいも、かなしいも、くるしいも、たのしいも、だいすきも。
グラデーションのように名前をつけられない感情が出てくる。
突き離しても、引き寄せられるように新しい感情を知っていく。
受け容れるしかないことにようやく気付いたのも最近のことだ。
心を揺らすことは決して怖いことではなかった。

清廉潔白でいることが正しいと思っていた。
でも、わたしにとって正しいことはそうではなかった。
大事なことは、嘘をつかないこと。
そして、いつだって今の自分が一番好きだと胸を張って言えること。
わたしが、わたしを許す。と、言い切れること。

悩み、迷い、出会い、また心を揺らす。
こうして心を揺らす日々が、決して間違いではないのだと
わたしは写真で伝えたい。

人間も、結局はただの肉の塊で。ただの獣だ。
だったら、できるだけ自分に正直でいたい。
わたしは美しい獣になりたい。
限りなくやさしく、美しい獣に。

_MG_2795

CLOSE
Instagram