Personal or Groupe Exhibitions information

Exhibition

2011

「背中の景色」

オリンパスギャラリー東京

訪れたことのない家族の故郷は、自分にとって一体どんな場所なのだろう?
祖父の故郷である福岡県の筑豊地方へ初めて行った時、そんな事をふと考えた。
果たしてこれは「旅行」なのだろうか。それとも「帰郷」になるのだろうか。
この答えを探すべく、時間を見つけては祖父が暮らした土地を巡っている。

その土地で写真を撮り歩いていると時間を浮遊しているような気持ちになることがある。それは何かを思い出しているような感覚とでもいうのだろうか…

訪れた場所でその体験を重ねる内に「私」というものは〝経験を通した記憶〟を持つ以前に、受け継がれた記憶が幾重にも重なって存在しているのではないかと思うようになった。
私たちの体が誰に習う事もなく呼吸をしているように無意識の中に存在する〝受け継がれた記憶〟があるのだと。

通り過ぎる記憶の断片を感じるようにシャッターを切る。
ふと振り返った私の後ろには、確かに「故郷」の景色が広がっていた。

訪れたことのない家族の故郷は、自分にとって一体どんな場所なのだろう?
祖父の故郷である福岡県の筑豊地方へ初めて行った時、そんな事をふと考えた。
果たしてこれは「旅行」なのだろうか。それとも「帰郷」になるのだろうか。
この答えを探すべく、時間を見つけては祖父が暮らした土地を巡っている。

その土地で写真を撮り歩いていると時間を浮遊しているような気持ちになることがある。それは何かを思い出しているような感覚とでもいうのだろうか…

訪れた場所でその体験を重ねる内に「私」というものは〝経験を通した記憶〟を持つ以前に、受け継がれた記憶が幾重にも重なって存在しているのではないかと思うようになった。
私たちの体が誰に習う事もなく呼吸をしているように無意識の中に存在する〝受け継がれた記憶〟があるのだと。

通り過ぎる記憶の断片を感じるようにシャッターを切る。
ふと振り返った私の後ろには、確かに「故郷」の景色が広がっていた。

CLOSE
Instagram